スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやじの着メロ事情。

はい、どうも、どうもです。


今日は、オヤジたちのケータイ事情について、話したいです。


よく思い出していただきたい。


大体が、普通のぴぴぴぴ・・を使っているであろう。


だがしかし、それは、ケイタイを「しょっちゅう」使う機会があるからこそ、その着メロを使用している。


とくに、仕事や日常生活で使う機会のない親父たちは、ケイタイにたいして、あまりにも、無関心になる、一方で、ケイタイを持つことが当たり前になり、たまに使うていどである。


それにより、基本料金を払い続ける損した気持ちになり。


そこでオヤジ達は。


携帯の使い方も知らないのに、やたらいじって、その結果、やたら購入初期にある、知ることのないアップテンポな流行の曲を着メロにする。


本人としては、「まず、かかってこないだろう」と、軽い気持ちだろう。


オヤジたちは、マナーモードを知らない。


オヤジたちは、着信音がやたら大きい。(いつも、手元に無いからであろう。)


もしも、思いがけない、場所でかかってきたら。


電車の中・・・冠婚葬祭・・・気まずい場面。


今日、自分の父親が、急に親戚のお葬式に参列に行くことになった。


僕は、急いで父のところに駆け寄り、マナーモードの操作を教えた。


まさに危機一髪だった。


なぜなら・・・・・・。




お父さんの着メロは・・・。





爆音の「ウォーターボーイズのテーマ曲」だから!!




本人は何の曲かは知らない・・。


秋になったら・・。まずいことに。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。